同和鍛造 HOME > 会社情報 > 沿革

このページを印刷する

会社情報

沿革

1955年 東京都中央区京橋にて設立 (製造部門は北多摩郡田無町芝久保)
1960年 大型フォークリフト用フォークの製造を開始
1963年 高合金の鍛造及び機械加工に着手
1979年 本社及び工場を現在地(京浜島)に新築移転
1985年 「高合金の鍛造方案を確立」したことにより、全日本鍛造工業会
(現(一社)日本鍛造協会)より技術表彰を受ける
1993年 日本海事協会鍛鋼品製造認定工場の認証取得
1994年 現釜石事業所中妻工場(珪酸曹達製造設備・転造鋼球製造装置・
産廃処理施設)を取得
1996年 現釜石事業所松原工場竣工、中型フォークの曲げ・熱処理・
アッセンブリーの開始、中妻工場と併せて釜石事業所を開設
1998年 ISO 9001(鍛造品の設計・開発及び製造)の認証
(BM TRADA(英国)及び(一社)日本能率協会)取得
2002年 ロイド船級協会鍛造品認定工場の認証取得
2006年 経済産業省より「元気なモノ作り中小企業300社」に選ばれる
2007年 大田区「優工場(総合部門賞)」に選ばれる
釜石事業所松原工場に鍛造工場竣工、中型フォークの鍛造の開始
2011年 東日本大震災により釜石事業所松原工場が津波により被災し操業停止
2012年 ISO 14001(環境マネジメントシステム)認証取得
釜石事業所松原工場操業再開
2015年 2度目となる大田区「優工場(総合部門賞)」に選ばれる
JIS Q 9100(航空宇宙防衛品質マネジメントシステム)認証取得
2017年 2000d 油圧鍛造プレスに増強 (1000d プレス更新)
経済産業省より「地域未来牽引企業」に選ばれる
2018年 精密機械加工工場として横浜工場を開設
航空宇宙防衛品質マネジメントシステムの認証をJIS Q 9100からAS 9100に移転