同和鍛造 HOME > 取り扱い材質 >チタン・チタン合金

このページを印刷する

PDF版の印刷はこちら

取り扱い材質

材質一覧

チタン・チタン合金

チタン材

  材質記号 相当規格 主要化学成分値(%) 一般的特性 用途例
ASTM JIS O N Fe Ti その他
チタン・チタン合金 T-2 B348 Gr2
B381 GrF2
TB340≦0.2 <0.03 ≦0.25 bal - 表面の安定な酸化被膜(不働態被膜)の存在によって優れた耐食性を示します。最大の特徴は塩素イオンに対して優れた耐食性を示すことです。酸素及び鉄の添加量で機械的強度を調整しており、各種の用途に適したグレードのものが選べます。 海水淡水化装置、化学装置、舶用部品、航空機用部品、原子力・火力発電用熱交換器部材
T-3 B348 Gr3
B381 GrF3
TB480 ≦0.3 <0.05 ≦0.30 bal -
T-4 B348 Gr4
B381 GrF4
TB550 ≦0.4 <0.05 ≦0.50 bal -
T-2 Pd B348 Gr7
B381 GrF7
TB340Pd ≦0.2 <0.03 ≦0.25 bal Pd 0.12〜0.25 耐隙間腐食・耐塩酸性向上の為、T-2に0.12〜0.15のPdを加えた材料で強度は純チタン並です。 化学装置
T-6Al4V B348 Gr5
B381 GrF5
TAB6400 ≦0.2 <0.05 ≦0.40 bal Al 6.0 V 4.0 最も汎用性のあるチタン合金で、高い比強度と良好な加工性、溶接性を有しています。300℃までの
クリープ強度、疲労強度にも優れています。
航空機エンジン部品、遠心分離機部品、ガスタービン部品、蒸気タービンブレード内燃機関コンロッド、舶用部品(シャフト他)

形状記憶合金(ニッケル-チタン合金)

  相当規格 Ni Ti 一般的特性 用途例
形状記憶合金
(ニッケル-チタン合金)
  50.0 50.0 所定の形状に成形、熱処理によって形状を記憶させることができる合金です。力を加えて変形しても、一定温度(動作温度)以上に加熱すると元に戻ります。Ni-Ti合金以外にCu-Zn-Al合金が実用化されていますが、回復力や回復歪み量などの性能面でNi-Ti合金の方が優れています。 ブラジャー、携帯電話アンテナ、メガネフレームが広く知られています。医療分野ではカテーテルガイドワイヤー、歯列矯正ワイヤーなどに利用されています。

※ 一部の材質に関しては、常時在庫していないものも含まれておりますので、詳しくはお問い合わせください。

材質一覧へ